ENGLISH TITLE ENGLISH TITLE

リンパマッサージ
資格取得のすべて

健康・美容をサポートし、心身両方の“若さ”を支えるリンパマッサージの資格を取得し、新しい道へと進みたいと考える方に必要な情報をお届けするのが、当サイト『Rinpro(リンプロ)』です。

『Rinpro(リンプロ)』一生モノの仕事につながるリンパマッサージの資格ガイダンス » リンパマッサージの基礎知識 » リンパマッサージが痛いと感じる理由

リンパマッサージが痛いと感じる理由

リンパマッサージを受けて「痛い」と感じるのには理由があります。本来であれば気持ち良いと感じられるはずのリンパマッサージが痛いなら、リンパの流れが滞っている、施術者の技術力不足などの理由が考えられます。

リンパマッサージで痛いと感じる理由とは

老廃物により筋肉が硬化しているから

リンパマッサージで痛いと感じられる理由として、老廃物によりリンパの流れが滞り、筋肉が硬くなっていることが考えられます。

リンパの流れが悪くなるとマッサージをしなくても、筋肉が固まってコリや痛みが感じられることも少なくありません。たとえば肩こりや首の痛みなどが代表例です。硬くなった筋肉は動かしにくく、外側から圧力をかけられると痛みが感じられやすくなります。

深部リンパに効果が届いているから

深部リンパにまで効果が届いている施術では、リンパマッサージで痛いと感じられることが多くなります。深部リンパマッサージとは、真皮の内側の奥深くの部分にまで働きかけられるよう、強めに圧力をかける施術法です。老廃物の蓄積で筋肉が硬くなっているところに強い力で圧をかけるため痛みが生じます。

反対にエステなどで提供される、真皮の下の浅い部分にあるリンパに働きかけるマッサージなら、筋肉が硬くなっていてもそれほど痛みは感じられません。深部リンパマッサージほど強く圧力をかけないので、痛みも弱くなるのです。

施術者の技術力が不足しているから

リンパマッサージで痛いと感じられる理由として、施術者の技術力が不足していることも考えられます。リンパケアは通常であれば、多少の痛みはあっても「気持ちが良い」と感じる施術です。ただしツボの位置を間違えて圧力をかけたり、ただ力任せにマッサージするような施術法では気持ちよさより痛みが強くなります。

もしリンパマッサージを定期的に受けていて、筋肉がほぐれているのに痛みを感じるなら、施術者の技術力が不足していることが理由だと考えられます。

痛みに弱い体質だから

もしかするとあなたの体が痛みに弱い体質であるのかもしれません。痛みへの耐性は人により違うので、同じような状態の人に同じ施術をしても痛みの感じ方は変わります。痛みに強い体質の方は、筋肉が硬くなっているところへ深部リンパマッサージを施しても、ほとんど痛くないと言われる方もいます。

良質なリンパマッサージは痛みを感じない?

リンパマッサージを痛いと感じる理由はさまざまですが、実は良質な施術ではほとんど痛みを感じません。資格を持ち技術力が確かなリンパマッサージ師は、利用者の体にあわせて圧力の入れ方を変えたり、痛みが出ないように施術を行ったりと配慮をします。つまり「痛みを感じにくいマッサージ」を提供するのです。

痛みは交感神経を優位にさせてリンパ管や血管を収縮させることから、痛いリンパマッサージは効果が現れにくくなってしまいます。施術者もそのことを知っており、痛みより気持ちよさを感じさせるように配慮します。

そのため効果が現れやすい良質なリンパマッサージでは、痛みよりも気持ちよさを感じるものです。技術力が高くしっかりとした資格を持つ人による施術であれば、本来ならリンパマッサージで強い痛みは感じません。

一生モノの「手に職」が身に付く
リンパマッサージ資格

新リンパ療法師
力が弱い、体力がない方でもOKな技法
コース費用 165,000
Dr.ボッダーアカデミー認定マニュアルリンパドレナージ
医療現場でより活躍できる知識と技術
コース費用 462,000
日本手技療法セラピスト協会認定資格
解剖生理学を学び、安全なマッサージを目指す
コース費用 お問合せください。

※コース費用は2021年10月の情報です。

 【徹底比較】人気のあるリンパマッサージ資格の費用や実績を比較しました>>

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE