ENGLISH TITLE ENGLISH TITLE

リンパマッサージ
資格取得のすべて

健康・美容をサポートし、心身両方の“若さ”を支えるリンパマッサージの資格を取得し、新しい道へと進みたいと考える方に必要な情報をお届けするのが、当サイト『Rinpro(リンプロ)』です。

『Rinpro(リンプロ)』一生モノの仕事につながるリンパマッサージの資格ガイダンス » リンパマッサージの基礎知識 » 首のリンパマッサージのやり方

首のリンパマッサージのやり方

首こりを感じたときに効果的なのが首のリンパマッサージ。リンパマッサージで流れを良くし、筋肉をほぐすと首こりや肩こりが改善しやすくなるので正しいやり方をご紹介します。

首のリンパマッサージを行う手順

ステップ1:鎖骨のリンパマッサージ

首のリンパマッサージの正しいやり方では、まず鎖骨のマッサージから始めます。

  1. 両手の指先を両鎖骨のくぼみにひっかけるように当てる
  2. 鎖骨の中央部分をほぐすように左右に20回往復させる

肩先から中央までなど、大きく往復させる必要はありません。鎖骨はリンパの流れの最終地点となるため、最初に鎖骨まわりを軽くほぐしておくことで、以降に行うマッサージの効果が高まることが期待できます。

ステップ2:耳周辺のリンパを流す

次に耳周辺をマッサージしてリンパを流していきましょう。腕をクロスするようにして、マッサージをする側とは反対の手を使って行います。

  1. 顎下から耳の下にかけて輪郭に沿って5回さする
  2. 人指し指と中指で耳を挟む
  3. 耳の後ろにあるくぼみのところに中指を当てる
  4. 耳下から鎖骨まで中指の腹で5回流す
  5. 顔を横に向ける
  6. 首の側面にある筋肉に沿って耳の下から肩先まで5回なでる

ステップ3:首のリンパを流す

鎖骨と耳周辺のリンパマッサージの次は、首のリンパを流すやり方をご紹介します。耳周辺へのリンパマッサージと同様、マッサージを行う方向と反対側の手を使ってください。

  1. 首の付け根から肩にかけて、肩を揉むように反対側の手をかける
  2. 静かに圧力をかけていく
  3. そのまま手を前にスライドさせて、鎖骨の中央まで5回なでる
  4. 片方が終わったら反対側も同様に行う

首のリンパマッサージをする際の注意点

優しく静かにマッサージをすること

まず首のリンパマッサージは、力を入れずに優しく、静かに行うことが基本です。リンパは皮膚のすぐ下を流れているので、圧力をかけすぎてしまうと反対に流れを滞らせてしまいかねません。なでたり、さすったりする程度の少し弱すぎるかもしれないと感じるくらいの力加減を意識しましょう。目安として、「痛い」と感じるなら力が強すぎます。「気持ち良い」と感じる程度の力加減で構いません。

さする方向を間違えないこと

首のリンパマッサージのやり方でご紹介したように、方向を間違えないことも注意してください。リンパマッサージはリンパの流れに沿って行うものです。リンパは体の中心から末端にかけて流れるので、流れに沿った方向でマッサージをしなければ、リンパの流れが滞ったり老廃物が蓄積してしまったりと逆効果になってしまうこともあります。

体調が悪いときは控えること

首だけではなくリンパマッサージ全般に言えることですが、体調が悪いときは控えるようにしましょう。リンパマッサージをするとリンパの流れや血行が良くなり、症状を悪化させてしまう恐れがあるためです。リンパ節は免疫に関連する器官なので頭痛がしたり熱があったりするときはもちろん、心臓や腎臓に疾患がある方の場合も、医師に相談したうえで実践してください。

一生モノの「手に職」が身に付く
リンパマッサージ資格

新リンパ療法師
力が弱い、体力がない方でもOKな技法
コース費用 165,000
Dr.ボッダーアカデミー認定マニュアルリンパドレナージ
医療現場でより活躍できる知識と技術
コース費用 462,000
日本手技療法セラピスト協会認定資格
解剖生理学を学び、安全なマッサージを目指す
コース費用 お問合せください。

※コース費用は2021年10月の情報です。

 【徹底比較】人気のあるリンパマッサージ資格の費用や実績を比較しました>>

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE