ENGLISH TITLE ENGLISH TITLE

リンパマッサージ
資格取得のすべて

健康・美容をサポートし、心身両方の“若さ”を支えるリンパマッサージの資格を取得し、新しい道へと進みたいと考える方に必要な情報をお届けするのが、当サイト『Rinpro(リンプロ)』です。

『Rinpro(リンプロ)』一生モノの仕事につながるリンパマッサージの資格ガイダンス » マッサージサロンを開業するには

マッサージサロンを
開業する際のポイント

このページでは、マッサージサロンを開業する時のポイントをまとめています。資格がなくてもマッサージサロンを開業できるのか、開業準備の手順なども紹介しているため、独立・開業を目指している人はぜひ参考にしてみてください。

資格がなくてもマッサージサロンを開業できる?

一口にマッサージサロンといっても、その種類は実にさまざまです。施術の内容によっては、開業時に資格が必要となる場合も。以下のページでは、資格がなくてもマッサージサロンを開業できるのかについてまとめています。これからマッサージサロンの開業をしようと検討している人は、ぜひチェックしておいてください。

マッサージサロン開業に
必要な資格について見る

マッサージサロンの開業準備

サービス内容を決める

マッサージサロンを開業する際は、まずサービスの内容を決めるのが重要です。サービスの内容がしっかりと決まっていないと、店内のコンセプトやメニュー、料金などの設定が難しくなってしまいます。スムーズな開業を実現するためには、サービスの内容や種類についてどのような特徴があるのかを把握しておく必要があるでしょう。

マッサージサロンの
種類について見る

開業形態を決める

マッサージサロンの開業形態には、店舗と出張の2種類が挙げられます。独立・開業をする場合は、このような開業形態も自分自身で決めなければなりません。どちらにもメリットとデメリットが存在するため、それぞれの特徴を掴んだうえで自分に合った開業スタイルを選ぶのがポイントです。以下のページでは、マッサージサロンの開業形態について紹介しています。

マッサージサロン開業形態に
ついて見る

サロンのコンセプトを決める

内外装や施術メニュー、料金やサービスといったマッサージサロンのコンセプトは、「どのような客層をターゲットとするか」にフォーカスするのがポイント。

例えば、20代~30代前半の若い世代をターゲットにする場合は、ゴージャスな雰囲気よりも入店しやすい雰囲気に力を入れるのがベストです。また、リーズナブルな価格設定で営業時間の長い、疲労回復メニューを中心としたマッサージサロンは、仕事帰りにも気軽に立ち寄れるとして人気が高りやすいでしょう。

立地を決める

サロンを開業する場所には自宅やテナントなどさまざまな種類がありますが、物件を借りて開業する場合は立地選定が非常に重要となります。立地選定において押さえておきたいキーワードは、「商圏エリア」「競合店の有無」「ターゲット層の多さ」の3つ。それぞれのポイントをチェックすることで、長期間に渡って安定経営が望めるサロンを実現できること間違いありません。

マッサージサロン開業に
適した立地について見る

物件を決める

サロンを開くエリアを決めたら、次は物件を選んでいきましょう。マッサージサロンを開業するのに適した物件には、自宅・マンションやアパート・テナント・レンタルサロンなどが挙げられます。これら4種類の物件にはそれぞれ異なる特徴やメリット・デメリットがあるため、予算や運営方針に合わせてぴったりなものをセレクトするのが重要です。

マッサージサロン開業に
おすすめの物件について見る

メニューを考える

サロンを開業する前には、施術メニューを考えましょう。ポイントとなるのは、近隣にある他店との差別化。どのように差別化のポイントを見つけるのか、なぜ違いを持たせることが大切なのかについても解説しています。メニュー表の作り方についてもコツをまとめています。サロンの肝となるメニューづくりはしっかりと行っていきましょう。

マッサージサロン開業時の
メニューのつくり方について見る

内装を決める

サロンの内装の決め方や考え方についてまとめています。「リラックスできる空間」というのは知っていても、具体的に何をどうすればよいかまでイメージできていますでしょうか。具体的にデザインを詰めていくために必要なコト、注意点なども解説しているので、サロンの空間づくりに活かしてください。ぜひ、オリジナリティあふれる自分だけのサロンを作りましょう。

マッサージサロン開業時の
内装の決め方について見る

マッサージサロンを開業する際に必要な届け出・書類

マッサージサロンをオープンする際には、開業届の提出を行う必要があります。初めて独立・開業する人にとっては難しそうなイメージがあるかもしれませんが、要点をしっかりと押さえておくことでスムーズな開業が可能です。以下のページでは、マッサージサロンを開業する際に必要な届け出や開業届の入手方法と書き方についてまとめています。

マッサージサロン開業に
必要な届け出について見る

マッサージサロン開業後のよくあるトラブル

サロン開業後によくあるトラブルやクレームの事例を紹介します。自身がオーナーとして経営するからには、そうしたことも想定しておかなくてはいけません。事前に知っておくことで、トラブル防止策やクレーム対応方法を考えておけます。開業後をイメージして、必要な策をあらかじめ講じておきましょう。

マッサージサロン開業後の
よくあるトラブルについて見る

自宅サロンのメリット・デメリット・注意点

物件を借りずに、自宅の一角をサロンにする開業方法です。自宅サロン開業には、多くのメリットがある反面、デメリットも存在します。また、自宅ならではの注意点も。デメリットや注意点については、それぞれ対処法も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。上手くいけば、初期費用をおさえてサロンを開業できますよ。

自宅マッサージサロン開業の
メリット・デメリット・注意点について見る

一生モノの「手に職」が身に付く
リンパマッサージ資格

新リンパ療法師
力が弱い、体力がない方でもOKな技法
コース費用 165,000
Dr.ボッダーアカデミー認定マニュアルリンパドレナージ
医療現場でより活躍できる知識と技術
コース費用 462,000
日本手技療法セラピスト協会認定資格
解剖生理学を学び、安全なマッサージを目指す
コース費用 お問合せください。

※コース費用は2021年10月の情報です。

 【徹底比較】人気のあるリンパマッサージ資格の費用や実績を比較しました>>