ENGLISH TITLE ENGLISH TITLE

リンパマッサージ
資格取得のすべて

健康・美容をサポートし、心身両方の“若さ”を支えるリンパマッサージの資格を取得し、新しい道へと進みたいと考える方に必要な情報をお届けするのが、当サイト『Rinpro(リンプロ)』です。

『Rinpro(リンプロ)』一生モノの仕事につながるリンパマッサージの資格ガイダンス » マッサージサロンを開業するには » マッサージサロン開業に
おすすめの物件とは?

マッサージサロン開業に
おすすめの物件とは?

一口に「マッサージサロンを開業する」といっても、その方法は実にさまざまです。自宅サロンをオープンする人もいれば、賃貸物件を借りる人もいるでしょう。ただし、どちらにもメリットやデメリットがあるため、開業前にしっかりと確認しておく必要があります。

自宅サロンと賃貸物件、どっちがいい?

自宅サロンのメリット・デメリット

自宅の一室をサロンとして利用する開業方法で、賃貸物件と違って家賃が発生しないのが特徴です。サロン経営に必要な設備やちょっとしたインテリアの工夫だけですぐに開業できるので、「なるべく開業資金を抑えたい」という人に向いています。また、通勤時間もかからず、自分のペースで働けるのも良いところです。

一方で、自宅サロンは賃貸物件での開業よりも、認知度の向上に時間を要するというデメリットが存在します。認知度を高めるためには自宅の住所を公開する必要もあり、プライバシー面でのリスクも高まりやすいでしょう。

賃料物件のメリット・デメリット

ビジネスとして本格的に働きたいという人には、賃貸物件を借りてサロンを開業するのが断然おすすめです。賃貸物件の中でも路面店は人の目に留まりやすく、すぐに認知度を高めることができます。また、仕事とプライベートを分けられるため、メリハリのある生活を送れるでしょう。

ただし、賃貸物件での開業には、それなりの初期費用と運転資金が必要です。物件を借りるだけでもコストがかかりますし、開業後にはランニングコストが発生するため、早期に利益を得られないと経営を続けるのが難しい可能性があります。

賃貸物件で開業する際の物件の種類

マンションなどの一室

商用利用ができるアパートやマンションであれば、その一室をサロンとして使用できます。空中店舗とも呼ばれており看板の設置こそできないものの、そのぶんプライベートサロンのような雰囲気を演出できるでしょう。

また、自宅での開業と比較して初期費用がかかりますが、テナントのように大規模な工事は行わないため、トータル費用をグッと抑えることが可能です。なお、アパートやマンションでサロンを開業する場合は、ご近所トラブルに注意しなければなりません。

テナント

テナントでの開業は、オフィスビル内や道路に面した建物の1階、大型複合施設内など選択の幅が広いのが魅力的です。物件はもちろん内装まで好みのスタイルに変更できるため、コンセプトに忠実なサロンをつくりたいという人にも向いています。

また、店舗を構えることでお客様に信頼感と安心感を持ってもらえるので、本格的にマッサージサロンを経営したい人にもおすすめです。一方で、他の開業方法よりも初期費用がかかるため、あらかじめ十分な資金を調達しておく必要があるでしょう。

レンタルサロン

近年注目を集めている開業方法で、施術ベッドや衝立などサロンを経営するのに必要な設備が用意された空間を間借りできるのが特徴です。利用者はレンタルサロンを使った時間分の代金を支払うだけなので、コストを抑えた経営ができます。

テナント型のようにオリジナリティ溢れるサロンを構えることはできませんが、低コストかつ好立地なサロンを利用できるので、「最初から自分のお店を持つのは不安」「まずは自分の実力を試したい」という人におすすめです。

路面店と2階以上、どっちがいい?

路面店のメリット・デメリット

路面店は分かりやすい場所にサロンを構えられるため、道行く人の目に留まりやすいという特徴があります。初めてのお客様でも迷わず来店できるというメリットもあり、「お店の場所が分からず、来店を諦めた」というトラブルを避けることも可能です。

ただし、多くの集客が見込める好立地な物件は、賃料が高い傾向にあります。毎月十分な利益を得るためには、営業時間を長くしたり休みを少なくしたりという工夫が必要になるかもしれません。

2階以上の物件のメリット・デメリット

ビルの2階以上に存在する階上店舗は、路面店と比較して家賃が安く、金銭的負担を少なく済ませることができます。ただし、目立ちやすい場所に店舗を構えられるわけではないので、広告宣伝などを工夫しなければ認知度を高めるのは難しいでしょう。

認知度を高めるためには、分かりやすいホームページの作成だけでなく、マッサージサロンの検索サイトに登録したりこまめにイベント・キャンペーンを行ったりして、どのようなサロンなのかをしっかりとアピールするのが重要です。

居抜き物件とスケルトン物件、どっちがいい?

賃貸物件には居抜き物件とスケルトン物件があり、どちらも特徴やメリット・デメリットが異なります。マッサージサロンの開業における物件選びの基本となるため、しっかりとポイントを押さえておくと良いでしょう。

居抜き物件のメリット・デメリット

以前の契約者が使用していた設備や内装が残った状態の居抜き物件は、サロンの経営に役立つ設備やインテリアをそのまま使用できるというメリットがあります。何もない状態から工事をスタートするよりも初期費用を抑えられるため、「できる限りコストをかけずに改行したい」という人に向いているでしょう。

ただし、「以前もマッサージサロンとして使用していた」という居抜き物件は少なく、場合によっては設備や内装を一掃しなければならないケースもあるため注意が必要です。

スケルトン物件のメリット・デメリット

居抜き物件とは異なり、内装や配線などが施されていない物件のことを指します。建物の構造部分がむき出しであるため、自分好みのデザインでマッサージサロンを作れるでしょう。インテリアや動線にこだわりたい人も満足できること間違いなしです。

ただし、まっさらな状態からサロンを作るため、内装工事に時間がかかるうえ非常に高額なコストも発生します。また、いくら自由度が高いといっても予算は限られているため、妥協せざるを得ない部分も出てくるかもしれません。

物件選びの注意点

場所の説明がしづらい物件は避けたほうが良い

マッサージサロンを開業するための立地を考える際、「店舗の場所がいかに伝えやすいか」は非常に大切なポイントです。説明しやすい場所は人の記憶にインプットされやすく、時間が経っても「そういえば、あそこにマッサージサロンがあったはず」と思い出してもらえます。

もしもお店が説明しづらい場所だった場合は、略地図に道案内の説明を添えると良いでしょう。目印になる駅やビルからサロンまでの道順を、短い文章で分かりやすく書くのが重要です。

居抜き物件は閉店理由もチェック

予算を抑えてマッサージサロンを開業したいという人にとって、居ぬき物件は非常に価値のあるものです。しかし、居抜き物件として貸し出しているということは、以前に廃業したお店が存在するということになります。もちろん、移転という可能性もありますが、何にせよそこを離れる理由があったのです。

そのため、居抜き物件を借りる前には、その理由をきちんと確認しておきましょう。もしも、集客が見込めない立地だった場合は、出店の見直しも必要となります。

一生モノの「手に職」が身に付く
リンパマッサージ資格

新リンパ療法師
力が弱い、体力がない方でもOKな技法
コース費用 165,000
Dr.ボッダーアカデミー認定マニュアルリンパドレナージ
医療現場でより活躍できる知識と技術
コース費用 462,000
日本手技療法セラピスト協会認定資格
解剖生理学を学び、安全なマッサージを目指す
コース費用 お問合せください。

※コース費用は2021年10月の情報です。

 【徹底比較】人気のあるリンパマッサージ資格の費用や実績を比較しました>>

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE