ENGLISH TITLE ENGLISH TITLE

リンパマッサージ
資格取得のすべて

健康・美容をサポートし、心身両方の“若さ”を支えるリンパマッサージの資格を取得し、新しい道へと進みたいと考える方に必要な情報をお届けするのが、当サイト『Rinpro(リンプロ)』です。

『Rinpro(リンプロ)』一生モノの仕事につながるリンパマッサージの資格ガイダンス » リンパマッサージの基礎知識 » リンパマッサージの頻度

リンパマッサージの頻度

リンパマッサージの頻度はどのくらい?

リンパマッサージには、「自分でやる方法」と「プロにやってもらう方法」の2種類があります。それぞれに分けて、マッサージの頻度を確認してみましょう。

自宅でのリンパマッサージの頻度

自宅で、自分でリンパマッサージをやる場合には、毎日やることが原則です。なぜならば、リンパは24時間365日、休みなく稼働している組織だから。体中の毒素や老廃物は、絶え間なくリンパに運ばれてくるからです。自分でリンパマッサージをすることで、これら毒素や老廃物の排出が効率的に進むことでしょう。

ただし、もちろん理想は毎日やることなのですが、仕事などで忙しくて毎日はできない、という方も多いことでしょう。あるいは、時間はあるものの毎日やるのが面倒、という方もいるかもしれません。

そのような方は、毎日でなくても構わないので、1日おき、2日おき、週に数回など、頻度を下げてリンパマッサージをやってください。リンパマッサージは、何より「継続」が大切です。「毎日やっていたけれども、面倒くさくなってやらなくなってしまった」という人よりも、「毎日やるのは面倒くさいから、3日に1回くらいのペースで続けている」という人のほうが、リンパマッサージの効果を享受することができます。

サロンでのリンパマッサージの頻度

自宅でやるリンパマッサージとは別に、時々は、サロンに行ってプロにリンパマッサージをやってもらいたいもの。サロンでのリンパマッサージも、できれば毎日受けるに越したことはないのですが、時間やお金の問題で、毎日通うことはできません。現実的な頻度として、以下のように考えてください。

最初は集中的に通う

サロンに通い始めた当初は、なるべく集中的にたくさん通ったほうが良いでしょう。なぜならば、それまでに蓄積させてきた老廃物を一気に体外に出す必要があるからです。

何年にもわたって蓄積した老廃物を、たった1回の施術ですべて排出させることは困難です。通い始めてから1~2ヶ月は、1週間~2週間に1回の頻度で通い、それまでに蓄積した老廃物を隅から隅まで除去してもらいましょう。

効果が実感できてからは適宜自分のペースで通う

集中的に何度かサロンで施術を受けていると、少しずつ、むくみや冷え性などの改善効果を実感してくることと思います。これら効果を実感できるようになったころから、通う頻度を現実的なペースに変えましょう。具体的には、1ヶ月に1~2回程度で定期的に通うようにします。

もちろん、お仕事や予算などの事情がある方は、もっと頻度を下げても構いません。リンパマッサージは「継続」がポイントなので、現実的に無理のないペースで通うようにしましょう。

なお、サロンのリンパマッサージに通いながら、自宅でもリンパマッサージをやれば、さらに高い効果が期待できます。自宅でのマッサージの頻度は、可能であれば毎日。毎日やるのが難しければ、数日に1回のペースでやりましょう。

セルフマッサージを毎日やりながら、定期的にサロンのリンパマッサージを受けていれば、いつの日か期待以上の美容・健康効果を実感できる可能性がありますよ。

【まとめ】現実的に無理のない程度で可能な限り多く受ける

リンパマッサージは、とてもやさしいタッチで行われるマッサージ。一般的なマッサージとは異なって、施術中に痛みを感じたり、施術後に揉み返しに苦しんだりすることは、ほとんどありません。リンパマッサージを受け過ぎて健康を害する、ということはないので、その点は安心してください。

だからこそ、本来はリンパマッサージを毎日受けることが理想。しかしながら時間的な制約やお金の問題もあると思われるので、「できる限り多く受ける」という程度に考えておきましょう。

リンパマッサージは、たとえ頻度が少なくても、受け続けることが大切であることを改めて認識してください。

一生モノの「手に職」が身に付く
リンパマッサージ資格

新リンパ療法師
力が弱い、体力がない方でもOKな技法
コース費用 165,000
Dr.ボッダーアカデミー認定マニュアルリンパドレナージ
医療現場でより活躍できる知識と技術
コース費用 462,000
日本手技療法セラピスト協会認定資格
解剖生理学を学び、安全なマッサージを目指す
コース費用 お問合せください。

※コース費用は2021年10月の情報です。

 【徹底比較】人気のあるリンパマッサージ資格の費用や実績を比較しました>>

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE